やったけど、家に忘れました。

〜バク宙くらいしか出来ませんが仕事をくださいの巻〜

ママ鼻水トッテ:使う時のコツは自分を鬼と化すしかない

こんにちは、わしです。

寒さが本格的になってきまして、うちの娘も本格的に風邪を引いてしまいました。

小さいお子さんがいらっしゃる方なら分かると思いますが、子どもは鼻水を出してくれません!

正確に言えば、出し方を知らないんですね。鼻水をちーん出来ないんです。

出さないなら吸うしかない

昔の人は、自分の口を子どもの鼻に直接付けてそのまま鼻水を吸ったりしていたらしい。

しかしそれでは、親が風邪を直でもらってしまいます。ですので吸引器の助けを借りましょう。

ぼくが使っているのは機械式ではなく、手動で吸う器具を使ってます。

吸うだけの簡単器具

これなら作りもシンプルだし、誰でも簡単に使えるので超おすすめです。普通に使用していれば、壊れるようなことも滅多に無いですからね。正直これだけで十分な気がします。機械式だといまいち吸い加減がわからなくて怖い。笑

使い方

  • 2本の管の片方を口にくわえて、もう片方を子どもの鼻腔に少し差し込む
  • 息を吸うように鼻水を吸いだしてあげる
  • 洗うときは、くわえてた方の管に水かぬるま湯を流し入れたら反対側の先端から鼻水が出てきます

見たまんまの使い方ですね。

注意点

ぼくの子どもはですが、この鼻水を吸う行為を無茶苦茶嫌がってとにかく暴れます。

なので、可哀想だと思いますが顔と体をがっちりと抑えてから吸うと結構うまくいきます。

抑えるとさらに嫌がって暴れますが、鼻水が詰まっていると息も苦しそうでそっちの方がもっと可哀想なので、そこは心を鬼にしてなるべく素早く済ませてあげましょう。

あと、吸い過ぎにも注意して下さい。

なかなか吸えないからといって、乱暴に吸ってしまうと鼻の粘膜を傷つけてしまう恐れがあります。最初のうちは様子をみる感じで弱く吸いながら鼻水を探します。そして鼻水を探し出しせたら、強めに吸いつつ一気に吸い出して下さい。

自分にも使える

最近発見したのですが、自分の鼻づまりにも使えました。

使い方は一緒で、先端を自分の鼻腔に入れて吸うだけです。うまいこと吸えればティッシュなんか目じゃ無いくらい鼻の通りが良くなります。

ゴミも出ないし、誰かの手を借りるわけでは無いのでかなりエコですね。おまけに吸われる側の気持ちも分かるので、ぜひ1回は自分で試してみてください。